四谷三丁目の交差点から四谷方面に向かって、みずほ銀行の角を曲がると車力門通り。
コインパーキングのある路地を入るとそこに穏の座があります。

知らない方はとても入りにくい雰囲気です(笑)
わざわざ、そうしています。

ご存知の方だけが訪れる場所。
そういう空間だからです。
そして、ご存知の方にはすぐにわかる場所です。

サイン

階段を上がって二階へ。
階段の壁にはご贔屓さんが出してくださった手古舞提灯を飾っています。

提灯

普通のマンションの入口のような扉。
「ご紹介制」の注意書きを出させていただいております。

お稽古やイベントでお使いになる方は事前にお申込みをいただいておりますので、どうぞそのままお入りください。

玄関

ようこそ、穏の座へ。

この記事を書いた人

塩見 文枝穏の座主人
広告・イベント業界から呉服プロデューサーを経て花柳界へ。
日本の伝統芸能、江戸、花柳界をテーマにしたイベントを主催。
煎茶道美風流師範。現役の赤坂芸者。
facebook https://www.facebook.com/shiomifumie